2017年入社時研修レポートvol.6

カスタマイズ教育

こんにちは。採用広報担当の松本です。

研修3カ月目からは、カスタマイズCAD研修が始まります。開発する製品やクライアント企業によって、使用するCADはもちろん、CADの使い方が異なってきます。CADは、あくまでもツールです。CADのオペレーションだけではなく、「CADをどう使いこなしていくか」がとても重要になってきます。
第6回目の記事が研修講師から来ました。ぜひご覧ください。

 


研修講師レポート

カスタマイズCAD研修では今後の業務に向けて、より専門的なことを学びます。
鋳物部品、樹脂部品やCAE解析など同じCADを使用しますが、実は設計の考え方やモデルの作成方法が異なるのです。実際にその業務に携わっていたエンジニアが教えるので実務に近い状態で研修を進めることができます。

難易度は増しますが、今までの研修で学んだことをどのように実践で活かすのか、といった実務への心構えをする期間にもなっています。

 

カスタマイズ教育風景
独自のWEBテキストは、エンジニアの知識を反映し、毎年更新されます。

入社時研修は、毎年講師も異なれば研修カリキュラムも変わってきます。皆さんが入社された際には、配属された講師陣が各自の知識を盛り込み、新たなカリキュラムで入社時研修を行います。

研修のイメージは、少しつかめたでしょうか。今回で入社時研修レポートは終了になります。

 

過去のレポートはこちらから

→ 3Dプリンター工場見学レポート

→ ビジネスマナー研修レポート

→ コミュニケーションイベントレポート

→ CAD研修レポート

→ 設計コンぺレポート

se-recruit について

SOLIZE Engineering株式会社 新卒採用グループです。2021年卒向けインターンシップを開催中です。

コメントを残す